スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.22 (Sun)

きっと また。

ぐーの百か日が 8月16日で お盆真っ只中だったので
先延ばしにしていた納骨。
人間は だいたい四十九日の法要と同じ日に納骨してきたんだけど
うちのイヌたちは 百か日にしている。
百か日は 卒哭忌(そっこくき)とも言って
「卒」は終わり、「哭」は泣く。泣き終わりの日という事になる。
気持ちの整理をしっかりしてから、、と思うと 百か日は踏ん切りもつけやすい。
今朝、曇り空で どんよりしてたので
長楽寺の立会い納骨の16時に もし こんな空で 雨でも降ろうものなら
キャンセルしてあらためようと思ってた。
午前中は 浜松へ出かけてたけど 名古屋に戻ってくると
ぐー晴れになっていた。
tp0035.jpg

お寺の本堂で 納骨の読経の後、僧侶さんと一緒に地蔵尊の前へ。
読経してもらう中、お地蔵さまの足元へお骨を納めさせてもらった。

全部 済んだ後、
「お骨だけでも 傍に置いておきたくて
なかなか お骨を自然にかえすという気持ちになれないと思うけど
やはり 動物も自然にかえしてあげた方がよろしい。」
もう一軒の立会い納骨をされた猫ちゃんの飼い主の奥さんは 
そんな僧侶さんのお話に 目と鼻を真っ赤にされていた。
猫ちゃんは 7月の初めに亡くなったばかりだったらしい。



それまでも ぐーにお線香、ロウソクで 手を合わせてたんだけど
ちょうど 百か日の16日、お盆をすぎたあたりから 
「ぐーは もうココにはいない」と思うようになった。

もう生まれ変わってて また すぐに会える。
不思議でたまらないんだけど そんな気がして仕方ない。
スポンサーサイト
20:32  |  日々のこと  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。