スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'02.13 (Sat)

血液検査

院長、午前中しかいないので のりだーに連れて行ってもらった。
「血液検査をしてもらって欲しい」と伝えた。

年に1回 血液の検査はしていて 去年も2月だったので ちょうど1年くらい。
その結果が出るまでに、超音波エコーで 心臓や 腹部を診てもらうと
内臓は 異常なし。
胆嚢は  胆嚢壁も2、2mmで 少し厚くなってる箇所はあったけど
胆泥も溜まってなくて 気にするほどでもなく大丈夫。
血液検査の結果(病院、検査機関によって正常値の数値は違います)
CIMG0015.jpg

今までも 数年、数値がHだったBUNが 少し上がってるだけでなく
去年は 正常値内だった Creも上がってるから
腎臓の働きが悪くて来た症状みたい。
最近の不調の時も、腎機能が弱ってるから
毒素を排泄できないために 下痢や嘔吐があったんだろうって。
そうなると、今までは 胃腸の方の治療という形だったけど
腎機能を助ける方向に変えなくちゃいけなくなり、
ずっと消化器サポートの処方食だけど
来週 もう一度 血液検査して 同じようなら
食事療法で腎臓サポートの処方食に切り替えた方がいい。と。
老犬だからとか、急に冷え込んだからだとか、
原因がわからないのを そんなコトに繋げて納得しようとしてたダメ飼い主
原因、わかって よかった~。

老犬は、1年に一度ではなく、半年に一度のペースで血液検査した方が早期発見になるし
検査の重要性を痛感した。


輸液の点滴、抗生剤注射

毒素の吸着 排泄を助けるカプセル×2を朝夕
胃粘膜保定作用(胃薬)1錠を1日1回 処方してもらった。


「吐いても グタッとしてなかったら 心配ない」と言われたそうだ。
でも、落ち着いて欲しい。

スポンサーサイト
22:11  |  病気・病院  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。