スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'02.12 (Fri)

ぐーの不調。

夜中 ドッグフードの匂いで目が覚めた。
布団の横を見ると 未消化のフードの嘔吐物。
グーのものだ。
片付けてると 今度は軟便をして
お決まりの血便まで 出し切った。
氷点下になるほど 冷え込むって言ってたからかな?
朝 グーの歩き方がなんだかオカシイと思ったので
のりだーに しっかり様子を見ておくように言い 仕事に。
出勤前に店に寄ったのりだーの話によると
いつも フードをふやかしてる間に匂いで察知して
キッチンで待ち構え、ガッつくフードも食べず、
変なので 試しに ドライのまま 差し出してみたら 食べきったと言う。
やっぱりオカシイ。
今夜 病院へ連れて行こうと思ったけど
院長の夕方の診察はないし、E先生も金・土は不在。
念のため 病院へ電話してみると
「院長は 講演のため 今日は不在です。」
困った・・・。
時計を見ると 8時50分くらい。
講演、まだ始まってないよね?
背に腹は変えられない…。
忙しい最中、申し訳ないけど 院長の携帯に 電話をかけたら出てくれた。
状況を話すと
「講演で仙台にいるので 今日は診れない。
明日なら、診てあげられるけど もし、具合が悪いようなら
グーちゃんも高齢だから 手遅れにならないうちに点滴してあげたほうがいい。
他の先生もいるので、おかしかったら連れて行ってあげて。
フードは ドライのままだと 胃腸に負担になるから たぶん吐くよ。」

昼休み のりだーが帰宅、歩き方がやっぱりオカシイと。
私も 帰宅すると 院長が言われたとおり フード、吐いたし
朝よりも さらに変だと感じたので 病院へ。
受付で 「院長もEも不在ですが、獣医師の希望はありますか?」
「C先生でお願いします。」
C先生は、説明が丁寧で 素人の飼い主には とてもわかりやすい。
診察も 細かい部分まで。
診察台の上で ちびった便ついている血が 肛門近くからの出血の色だし
直腸ポリープが疑われるってことで
指を突っ込んで調べてくれたけど ポリープは 指の長さの範囲にはなかった。
聴診で 心臓も お腹の音も聞いてくれたけど異常なし。
「ぐーちゃんの表情もいいし、よたよたするのは 嘔吐が体力を消耗するからだろう。
輸液の点滴250ccと抗生剤で 様子を見ましょう。
明日の午前中は院長もいるので まだ様子がおかしければ来てください。」
とりあえず、最悪の事態にはならず 安堵。
スポンサーサイト
19:23  |  病気・病院  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。