スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'10.28 (Wed)

ぐー 病院

2週に一度の通院日。
いつも通り 耳の洗浄 毛刈り 診察。
E先生が モニターを持って待合室へ出て来て
「先回のマラセチアは消えてるけど 細菌は これだけ。
でも、ボクとしては もう少し 良くしたい!」
ってことで、再び 抗生剤の培養検査をすることに。
どの薬が効くのか?
今の薬よりも 効きそうな薬はあるのか?
それらを把握するため。
結果は 1週間もあれば出るけど 来週はE先生が不在なので
2週間後に 説明をしてもらう。
E先生の動物への熱意、あきらめない気持ちには ホント、脱帽だ。
培養検査、少々 お高い(5,250円)から
飼い主、ヒーヒーだけど できることはして、
E先生の想いに ついて行かねば。

せっかく 引っ込んできた左目。
食卓の椅子で 1週間くらい前に強打してしまい、眼球が腫れてしまった
今までの経験上、日にち薬なんだけど 真っ赤で かなりグロテスク。
これも E先生 「仕方ないコトだねぇ。 うまく共存していくしかないから。」
眼圧も上がってないし 本人(犬) 痛みはない。
CIMG6922.jpg
でも、食卓の椅子、有り得ない角度でぶつかるんだよね。
動きが早すぎるんだって、ぐー!
早く 腫れがおさまるといいのになぁ。

さて、飼い主、病院代を稼ぐため
頑張って働こー(笑)
スポンサーサイト
22:03  |  病気・病院  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。