FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'02.14 (Sun)

休日診療。

昨日の19時ごろから、眼振のような首の揺れを数回。
でも、眼球は 回ってないので 眼振とは違うと思った。
C動物病院の救急に電話をかけるけど 繋がらない。
22時ごろ、病院から電話がかかってきた。
状態を話すと
「今日は勉強会に出てるので 1時すぎにしか診れない」と。
その時は 明日まで持つと思ってたので
「明日、連れて行く。」と言い 電話を切った。
グーは さらに夜中 何度もウロウロした。
狭いところに入り込まないように いろんなモノで壁を作った。
肝性脳症を発症した時のシーナを思い出す。
ただ、「表情は 徘徊するシーナとは違う」

今朝まで 動き回ったり 落ち着いてる時も心配で
寝ても すぐに目が覚めてしまい、ほとんど 寝れなかった。
ぐーは、ウロつくだけウロついて、寝てたので
朝になると 少し落ち着いていた。

昨日の電話で 
「休日通院の患者さんの予約状況が 今 わからないので
9時に 病院に電話が繋がるようになるから一度確認して。」
と言われてたけど 8時30分に 家を出た。
ぐーは、「オレも行く!」玄関に篭城するくらいになっていた。

名古屋高速の上から 
9時になるのを待って携帯で病院に電話。
留守電のまま。
5分すぎ、もう一度かけてみる。
まだ留守電。 さすがにイラつく

そのうち 病院についてしまった。
こうなったら、オバちゃん炸裂っきゃない!
インターホンを慣らして 待合室へ。
受付で 「電話をして確認しろと言われたけど 繋がらず、
そのうち 着いてしまった。」と言うと
すでに1番の患者を診察中の先生に聞きに行ってくれて 
9時15分、その次に呼ばれた。(嬉)
救急担当は O先生。
昨夜の電話も O先生だったようで 勉強会には院長も講師としていたらしい。
目が見えなくなったころ、眼振を起こしたことがあることや
今までのぐーのことを 院長が話してくれていたので
とてもスムーズに 診察が進んた。
何でも話せるような先生で
「嘔吐、下痢をすると 元気になるので
院長のお話通り、毒素が 外に出ると楽になるのかな?と思う。
来週、もう一度 血液検査をしてから 腎臓サポートの処方食と言われたけど
今日から 変えてみたい。
胃腸サポートは脂肪は少ないけどたんぱく質が多いから、合ったものを食べさせたいから。」と 
素人の考えもぶつけてみた。
すると、
「確かに 消化器サポートは 胃腸の壁の粘膜を保護したり 消化もしやすい、
それに 膵臓が悪くて 消化酵素の足りないコには
脂肪を少なくする必要があるので たんぱく質で栄養を摂るためには いいフードです。
でも、腎臓となると、たんぱく質をなるべく低くしなくちゃいけない。
となると、脂肪で栄養を摂るか、それがダメなら 炭水化物で栄養を、ということになる。」
一生懸命 答えてくれた。
わかりやすかった。
在庫があったので ロイヤルカナンの腎臓サポートのドライと
もし、食べなかった時のために 缶詰1缶を買って来た。
切り替えるつもりで 消化器サポート食べさせずに来たので
途中 ホームセンターで 缶ふたを買って 駐車場で 食べさせてみると、
脂肪分が今までよりも多いので 嗜好性抜群!
ガッつく、ガッつく!!

点滴の効果が どんどん出てきて ものすごく元気になった。
家に帰るよりも近いので ジャイ&のり、レッスンに。
のりだー、先生に連絡してあったので 最後の方に回してもらってたから
1時間くらい ぐーも ゆっくり寝れるし、
暖かい日だったから 外で排泄させた方が 家のトイレよりも 出がいいし、ね。
案の定、オシッコ、たっくさん出た~

家に帰ると これまた元気が戻ってきた。
オレ、まだまだ 一緒だ
スポンサーサイト
22:54  |  病気・病院  |  CM(10)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。